院長紹介・基本理念

ご挨拶

一人で悩んでいませんか?
知りたいこと、聞いてみたい事はありませんか?
気軽に一度お電話してみてください

真央クリニック 院長 佐藤眞一

真央クリニックのホームページにアクセスして頂きありがとうございます。

私は、多くの急性期病院で、脳卒中や頭部外傷の手術や急性期管理、治療を中心に行ってきました。開業は10年ほど前に自分が入院したことがきっかけで、患者本位の医療の必要性を心から感じたことから始まりました。不幸にも後遺症が残ってしまった患者様も安心してかかれる、長期的な治療ができる施設を作りたいと思う気持ちが開業の道につながっていきました。

当院は脳神経外科専門医としての知識、技術を生かし、地域医療かかりつけ医として、地域の皆様により良い医療を提供できるよう、病院・診療所の「地域医療の連携」を積極的に行っています。必要な方には、大分大学、県立病院、赤十字病院、医療センターなどや地域連携している岡病院、明野中央病院、中村病院などへの紹介をしています。どのような事でも遠慮なくご相談下さい。

真央クリニック
院長 佐藤眞一

院長プロフィール

昭和36年4月18日生O型 埼玉県生まれ
昭和62年大分医科大学卒業 脳神経外科教室入局
平成4年大分医科大学大学院 医学博士取得
平成16年12月7日真央クリニック開設

  • 日本脳神経外科学会専門医 ・日本頭痛学会専門医
  • 身体障害者福祉法 大分市指定医(肢体不自由等)
  • ボトックス施注講習修了
  • 国際頭痛学会頭痛専門医
  • プライマリ・ケア認定医 

当院の基本理念

「慈仁の心をもって心温まる全人的医療を提供する」

当院の五つの指針

患者様第一の奉仕する心(感謝される医療)

明るく温かな心(心安らぐ医療)

素直で公正な心(平等な医療)

お互いを尊重する心(和を尊ぶ医療)

今日より明日へと向上する心(良質な医療)

デイケア活動日記より

 ~楽しみ、喜べるデイケアを目指して~               院長 佐藤 眞一

 「安心してかかれる、長期的な治療ができる施設をつくりたい」という思いから200412月に開業しました。真心の「真」、そして中央の「央」。真央クリニックという名前は、常に患者や利用者さんが中心にいて偏らない、「心温まる医療」を提供したいという願いから命名したものです。

 真央クリニックデイケアは、その柱として翌2005年に開設、あっという間に12年が過ぎました。利用されている皆様、ご家族の方々、本当にありがとうございます。

 開業前は脳神経外科専門医として、脳卒中や頭部外傷の手術、緊急治療などに携わってきました。その中で、脳卒中後の運動障害や高次脳機能障害、認知機能が低下する患者さんが少なくない事実を目の当たりにしてきました。そのような人たちに、継続した治療やサービスを提供するため、デイケアをつくりました。良いサービスを提供しようと工夫してきましたが、不届きな点を指摘されることもありました。その都度改善を重ねてきましたが、まだまだ至らない点が多いと感じています。

 自分の母に手助けが必要になったら自信を持って来てもらえる施設に成長させようと決心していました。残念ながら本年718日に急逝し、叶わぬ願いとなりました。母の想いを胸に、利用される方々を自分の母や父と思えるようになりたいと思っています。

 これからの目標は、「自分の家族は真央のデイケアに是非連れて行きたい」と多くの人が思ってくれることです。

 真央全職員が心ひとつになり皆様をあらゆる角度から支えられるよう、努力してまいります。

                                          

≪平成29年 デイケア新聞8月号より≫

▲ページトップへ戻る
真央健康ナビ
リンク集

今月の休診日

診療日カレンダー

診察時の持ち物

 初診の方 
●保険証、お薬手帳
●紹介状をお持ちの方はご持参ください

 再来院の方 
当月初めて来院される方は保険証をお持ちください。

 医療法人仁真会真央クリニック 
〒870-0147
大分県大分市小池原1167-1
電話番号 097-553-1818
             097-553-1817

正社員・パート募集中